店舗の宣伝のために規格看板を設置しよう|種類と特徴をリサーチ

目的に合わせた精度で

機械

機械選びのコツ

ホーニングとは、研削油と砥石を用いて円筒の内部を研磨する加工技術のことです。円筒状の部品の周囲にたくさんの砥石がついていて、それをパイプなど研磨するものの内部に入れ、研削油とともに往復させて内部の粗さを調整します。よく似た加工技術に内面研磨という加工がありますが、こちらは砥石が一方向にのみついており、回転させて中を削るという方法です。粗さの調節や仕上がりのきれいさではホーニング加工の方に軍配があがります。多くのホーニング加工では自動で加工を行うので、仕上がりが均一になるのも魅力です。ですが、ホーニング加工は内部の部品サイズが決まっており、一定サイズしかできません。内面研磨では技術的な熟練度も求められますが、仕上がりの大きさは調節がききます。また、ホーニング加工では上下に往復させるので、筋が入るのも特徴的です。このような特徴からホーニングはエンジンシリンダーの加工などによく使われています。どちらが優れているというのではなく、目的により使い道が違うのだと認識しておくべきです。ホーニング機械を扱う会社はいくつかあります。部品の内径に合わせて部品を調節しないといけないので、その都度調節して最適なサイズにしていく必要があります。高精度を売りにする機械もあればフレキシブルさを売りにする機械もあります。目的により選び分けるとよいでしょう。また、小ロットから対応してくれるかもポイントです。作るものが変わる可能性があるのならば、小ロット対応の会社を選びましょう。